「展覧会」の記事一覧

  • 個展 大きな羊 浅野裕尚 

  • 京都では5年ぶりの個展を開催いたします。タイトルは大きな羊 コンセプトは羊が大きくなると書き、美しいと読む。 アートスペース余花庵は寺町御池上がる、ギャラリーとともに骨董も扱っておられるスペースです。独特の奥行きある 設えにあわせて、帯・着物・そして軸装を発表いたします。 大きな羊 浅野裕尚 2016年9月27日(火)から10月2日(日)まで 10時30分~20時まで アートスペース余花庵 京都市中京区寺町御池上ル上本能寺前町175 京都市役所西側 075ー212ー9793 案内状は無くとも入場できますので どうぞお越しくださいませ。 最近、この最新情[...]
  • 織楽浅野 玄と白、美へのいざない のご案内。

  • 山梨県南アルプス市の着物乃塩田様にて来週7月17日(金)から、「織楽浅野 玄と白、美へのいざない」が始まります。オープニングの17日・18日にはきもの塾。18日夜には男塾-扉-とお話しするご縁を頂戴いたしました。きもの塾ではコレクションを通じて物創りの思いを。そして男塾では夏の京都の酒と肴とともに一献交わしお話いたします。私自身もとても楽しみにしております。どうぞよろしくお願い申しあげます。[...]
  • 織三蹟展のご案内 

  • 3月6日から11日まで代官山ヒルサイドテラスC棟ギャラリー+E棟ロビーにて西陣の織屋三軒:お び弘・帯屋捨松・織楽浅野が平安時代の書家:小野道風・藤原佐理・藤原行成の三蹟に学び、その和様の美しさを自分たちの織に問う機会を求めて「織三蹟」展 を開催させて頂きます。西陣に織れぬものなしと紋織物の伝統を受け継ぎ織を家業とする個性あふれる織屋三軒の織を楽しんで頂けたらと願います。織楽として2011年30周年記念展「不易」から3年。東京では2009年ルベインで開催いたしました「織又織」展から5年と久しぶりのギャラリーでの展覧会となります。どうぞ宜しくお願いいたします。[...]
  • 「不易」展 MOVIE Fueki:textiles in praise of shadows

  • 昨年4月、創業30周年を記念し織楽浅野にて「不易」展を開催いたしました。 遅くなりましたが、その時に制作いたしましたVIDEOをHPにて公開しております TOPページの|Movie|からお入り下さい。よろしくお願いいたします。 また織楽浅野Facebookページでも情報発信しております。ロゴからチェックしてみて下さい。[...]
  • 不易展 ギャラリー解説 2b

  •                                                     この木製の箱の材は年を経た大木「白楊 しろやなぎ」を使うので楊筥(やないばこ)と書きます。二十年毎に遷宮を行う伊勢神宮に奉納されます。神宝入れとして用いられ織道具などのミニチュアを作り、納められます。[...]
  • 不易展 ギャラリー解説 2a

  • この部屋は講演会の時には椅子を入れ、皆様に座って頂いておりました。平日、ギャラリートークの時にはコンセプトをヴィジュアル化して見て頂く事に重きを置いております。低いテーブルを五台。それぞれにイメージを展示してあります。 まず一番最初は織楽の物創りに置いて非常に大切な和紙の素材感です。楮:三椏:雁皮と三種の和紙を重ねてあります。それぞれを触って頂くと、手に伝わる触感は全て異なります。自分が創り出す織物の根本がこのような違いを織分けることが出来るのか。帯といえば柄に目が行きがちですが、織楽にとってはそれをささえるベースの多様性が織り上がった帯の楽しさ、表現力、風合いの違いに繋がると考えております。[...]
  • 不易展 ギャラリー解説 1

  • 今回不易展を開催するにあたり、4月10日(日)、16日(土)とギャラリートークを開催させて頂きました。お越しいただきました皆様方には心より御礼申し上げます。今までギャラリートークといえば対面でずっと座って頂いたままお話しをしていたのですが、今回は展示が四室ありましたので部屋を回りながらお話しをさせて頂こうと思い進めて参りました。トークをたどりながら、それぞれの部屋を説明させて頂こうと思います。 まず①の部屋です。入り口左手の部屋で普段は応接間として利用している部屋です。ここは 四角 をコンセプトにしております。和紙を重ねて場を創り出す。これは時間の堆積かそれとも重力か。これは重ねられた和紙の[...]
  • 吉岡先生 記念講演会 発心 2

  • 講演中、横にかかっていたのが祇園祭の鉾に使われているような十六世紀ブリュッセルのタピスリーです。この中央のリボンのような部分に使われているのはケルメスかコチニールの赤だそうです。青みのかかった紫のニュアンスを持ちます。ヨーロッパの赤色は最初ケルメス(カイガラムシ[Kermes licis]とよばれる虫の雌を乾燥して得られる赤色色素.)であり、その後コチニール(エンジムシ[コチニールカイガラムシ]を乾燥させた物を再度水、お湯で抽出する)に変わっていきます。スペインはコチニールでぼろ儲けをしたそうです。この後、コレクションの説明に写っていきました。カシミアショールは十八世紀ごろのものであり、ヨーロ[...]
  • 吉岡幸雄先生 記念講演会 発心 1

  • 4月8日(土)三十周年記念講演会 発心 に吉岡幸雄先生を講師にお招きし御講演賜りました。 先生との関わりは3月1日のブログをご覧になって下さいませ。御講演内容にふれてまいりたいと思います。お話はまず、絹の起源から始まりました。植 物染料で仕事をしているといつも昔の人はどうしていたのかギモンに思いながら仕事をしています。そのようなことが一番役にたちます。今回の展覧会名は「不 易」ですが、新しい美術がどうこうというのではなく、いわゆる不易なもの、すなわちそれは流行にとらわれず人々が普通に営んできた結果を私は頂いていると 思います。 絹の起源について話が続いていきます。絹の起源は三千年前から五[...]
  • 御礼申し上げます

  • 吉岡幸雄先生の御講演で始まりました不易展。 昨日、森田空美先生の御講演を賜り、最終日を迎えました。 多数のご来場を賜り、心より御礼申し上げます。 何かと不手際も多く、ご迷惑をお掛けいたしました。 お詫び申し上げます。 これからも頑張って織楽浅野は発信し続けたいと願います。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 明日よりこのページにて講演の内容や展覧会について 順次UPしてまいります。 ありがとうございました。 織楽浅野 浅野裕尚[...]
  • 御講演ならびにギャラリートークのご予約に関して

  • このたび三十周年記念講演会並びにギャラリートークにつきまして、多数のお申し込みを頂戴しありがとうございました。 おかげさまで定員をオーバーする申し込みを頂き、改めて御礼申し上げます。 申し訳ございませんが、講演会のご予約につきましては終了させて頂きます。 宜しくお願い申し上げます。 尚、今回、皆様方から頂きました参加費は東日本大震災復興義援金として寄付させていただきます。 何卒、宜しくお願い申し上げます。[...]