「展覧会」の記事一覧

  • 30周年記念講演発心 吉岡幸雄先生

  • 30周年記念講演会「発心」では4月9日(土)に染織史家の吉岡幸雄先生に講演を賜ります。吉岡先生とのお付き合いは先生のお父上の吉岡常雄様と私の父からのつながりです。私もお父上を存じ上げており、古代染織技法の復元、光村推古書院の傳統の色、貝紫や紅のお仕事など拝見した記憶があります。先生とは工房に伺い、聖徳太子が戦の時に用いたとされる錦の御旗である四騎獅子狩文錦の空引き機のよる復元を見せてもらったり、京都文芸復興倶楽部でご一緒にパネリストとしてお話しをさせて頂いたりもしております。著書である「染と織の歴史手帖」に 『日本人は「色」を失ったのかと叫びたくなる。黒が氾濫している。それは黒が「無難な色[...]
  • 美しいキモノ・きものSalon に 不易展そして記念講演会発心のご案内

  • 今月20日発売のきものsalon’11春夏号のP128&129、 美しいキモノ春2011号のP112~115に今回の不易展ならびに講演会発心の 告知を兼ね織楽浅野の着物と帯、そして思いを掲載しております。 きものsalonでは付け下げ染着尺に袋帯「春花唐草」をコーディネイトしております。 光沢感で上質、クラス感を表現したものです。そしてテーブルに並べられた色とりどりのミルフルールと呼ばれる「千花文」名古屋帯。パリのクリュニー美術館のタピスリーに題材を求めたものです。 美しいキモノでは4ページにわたり帯創りの思い、資料、今までの個展について紹介頂いております。テーブルに並べられたコーデ[...]