椿餅

IMG_0181b 今日はお客様の来店もあり、

椿餅をとらやさんへ

買い求めにいってきました。

椿餅の名は「源氏物語」の若菜上で、

蹴鞠の後の宴で記されています。

1651年には菓銘が明らかになっているとのことです。

炒った道明寺粉と肉桂を混ぜ、蒸し上げた生地で

御前餡(こしあんのことです。)を包み、

椿の葉を重ねたものです。ニッキがきいて甘さだけではない

おいしさが広がります。