ジャクソンポロック展in愛知県立美術館

1月21日、ジャクソンポロック展を見に行ってきました。1950年代の現代美術に大きく影響を受けました。一番の驚きは私が生まれた時期にこれらの作品群がこの世に存在していたことです。そして知ることはできませんが、60年前、絵の具のにおいと共にリリースされ世に問いかけた時と今、振り返るように見る事との違いを感じたりもします。今回はドリッピングされた絵の具と言うよりペンキの白が経年変化によって、ずいぶん輝きを失っているように感じました。書を彷彿させる横長の作品の用紙が2枚合わせで、その耳のズレ、繋ぎあわせの跡、収縮によりしわしわになったエナメル塗料の表面など興味深く、晩年の白黒の作品は見たときにすぐ、棟方志功の作品を思い出しました。河井寛次郎の釉薬を投げかけ、ドリッピングのような表現は同時代だけあって、作品への影響力も垣間見ることができ、楽しい時間でした。コンバースのバスケットシューズは別会場にあり、向かいのペンキ屋さんのお兄さんのはいていたスニーカーもこんな感じではなかったかと思いつつ、ウォホールをはじめ、商業に影響をあたえる一面も感じました。アトリエを模したスペースも有り、この後、東京でも展覧されます。

クラッシックになってしまった現代美術とは:ひとまとめに時間軸で現代と言っても過去になってしまうことに世に発表されたときのインパクト、輝きを保ち続けることができるのだろうか。作品は同じでも、受け取る側が一緒でも作品がいつの世も発信し続けることは大変だと思った。