第10回京都写真展

2009年12月15日(火)~24日(木) ギャラリーマロニエ 3F 4F 5F で第10回京都写真展が開催されます。私自身は今年で5回目の参加です。テーマは風景:見知らぬ土地、見知らぬ国を探検して、その風景を撮影し、世の人に知らしめることは、写真の歴史160年を始めからある行為で、人の性のようなものである。地球表面上のすべてのものを精度1メートルで写すカメラ衛星が地球のまわりを廻っている今、我々にとって見知らぬ場所とは何をさすのか。見失われた場所、時の場所を求めて?です。年末、京都のぎゃらりーはHow are you,photography?から写真一色になります。被写体を切り取り作品にする過程は帯のデザインと通じるところがあります。また、色々な人との出会い、作品がイマジネーションを与えてくれます。ただ作品準備のため、暮れの忙しさが増すのが難点です。クレジットの浅野裕尚 ASANO Hiroshi は ASANO Hirotaka の間違いです。